他製品との違い

1300℃の熱も伝導させない

太陽熱を防ぐには? ~侵入熱の仕組み、知っていますか?~

熱の伝わり方 ~熱移動の形態~

熱は高温の物体から低温の物体に伝わるエネルギーです。
高温の物体から低温への熱の移動を伝熱と呼びます。伝熱には(a)熱伝導(b)熱伝達(c)熱放射という3つの基本的な形態があります。

太陽エネルギーとは?

太陽は自然界の巨大な核融合炉であり、幅広い波長の熱エネルギーを電磁波として放射しています。
地上に到達する太陽エネルギーの大部分は可視光線と近赤外線であり、これが熱の源です。
その波長をいかに反射させ、吸収・蓄積を抑えるかが遮熱の重要なポイントになります。

一般的な遮熱・断熱塗料は大きく分けて2種類に分類されます。

  1. 可視光線と近赤外線域の波長を反射させる、高日射反射率塗料
  2. 中空セラミックを含有し、熱を遮断する断熱塗料

クールサームとの違い

高日射反射率塗料

熱源は可視光線・近赤外線の2種類があります。
①高日射反射率塗料は二酸化チタンのような分散型顔料を使用しており、可視光線を最大限反射させるように機能設計された塗料です。しかし、もう一つの熱の源である近赤外線にはその半分の波長にしか作用せず、太陽エネルギーの最大15%を透過させてしまいます。
クールサームは、含有する4種類のセラミックが可視光線・近赤外線をともに反射するよう設計されており、日射反射率は92.2%と高い反射率です。また、反射されず吸収した熱エネルギーを遠赤外線に変えて空気中に熱放射するので、室内へと熱が伝わることがありません。

②分散型顔料は常温では絶縁体ですが、外部から熱や光などのエネルギーを受けると熱エネルギーを伝導する誘電体になり、熱を移動させるようになります。
クールサームのセラミックは絶縁体なので、熱エネルギーを吸収することはありません

③分散型顔料には紫外線の光触媒作用による塗膜劣化があります。
クールサームは紫外線も全反射するため塗膜は長期に耐久します。

中空セラミックを含有する断熱塗料

クールサームと類似した商品として、中空セラミックを含有させた断熱塗料があります。
①中空セラミック含有断熱塗料とはその断熱機能とセラミックの反射機能に着目して作られた塗料です。しかし断熱性能を発揮するにはミリ単位の塗膜の厚みが必要な上、熱を吸収する性質があるため徐々に熱を蓄積していきます。
クールサームのセラミックは中空ではなく密度の高いセラミックを使用しており、反射されずに吸収した熱エネルギーを遠赤外線に変え空気中に熱放射するので、塗膜中に蓄熱されず室内へと熱が伝わることもありません。

②中空セラミック断熱塗料は炉などの機械の断熱に適しているが膜厚を必要とするため、屋根面への塗装には相当の手間と費用がかかるので不向きと言えるでしょう。
クールサームは、一般塗料と変らない膜厚でその効果を発揮するので、安価で容易に塗装できます。

③中空セラミックが多量に含まれると塗膜中の樹脂分が少なくなるので、屋根などの外部に使用された場合、紫外線に対する抵抗力が弱く耐久性が極端に悪くなります。
クールサームは、紫外線も反射するため塗膜劣化の速度は非常に遅く、長期に耐久します。

イメージ図

※図はイメージです。実際とは異なる場合があります。

ページTOPへ

クールサームのセラミックの働き

セラミックが違う。だから効果が違う。

クールサームはNASA開発の4つのセラミックを含有し、その全てが中空ではなく密度の高いセラミックです。可視光線・近赤外線を跳ね返し、一部吸収した太陽熱エネルギーも放射し、遮断層を作り熱伝導を防ぐ、3段構えで暑さを凌ぎます。反射だけでなく、熱放散に優れているので、塗膜の表面が汚れても温度低下効果を持続します。またセラミックが紫外線も大部分をカットするので、塗膜の劣化速度は非常に遅く、長期に耐久します。

1種類目のセラミック可視光線(短波)を反射

波長:380nm~780nm

可視光線を全部反射します。紫外線も吸収しません。
2種類目のセラミック近赤外線(短波)を反射 波長:780nm~2,500nm 近赤外線全域の波長を跳ね返します。可視光線と近赤外線を合わせた日射反射率は92.2%以上です。 12年経年後も約80%を維持します。
3種類目のセラミック一旦吸収した熱エネルギーを遠赤外線(長波)として放射 クールサームの遠赤外線(長波)放射率は93.7%以上です。 反射されずに侵入した熱を放射・放散します。
4種類目のセラミック無数の細かな空間や空気遮断層を作り、熱伝導を防ぐ 反射・放散されずに透過した熱の移動をブロックします。
このコンテンツを表示させるには、 Adobe Flash Player が必要です。

ページTOPへ

高日射反射率塗料との比較事例

他社塗料との室内温度差 最高5.4℃

同じ建屋の間仕切のある部屋の屋根を、クールサームと国産他社品(S社)で塗装し、3ヶ月後(8月)の室温を測定しました。 他社製品と比較すると最大5.4℃の差が出ました。

高日射反射率塗料の施工例

測定結果

測定結果のグラフ

他社塗料の塗装では、40℃を超える日がたびたびありましたが、クールサームの塗装では、40℃に達する日は1日もありませんでした。

ページTOPへ

中空セラミックが含有されている断熱塗料との比較事例

表面温度差 5.5℃ 12年経過しても他社中空セラミック含有 断熱塗料に負けない性能

2000年夏と2012年春にクールサームを塗装
2011年夏に他社塗料を塗装

測定ポイント

測定日:2012年6月14日(木)14時  外気温:30℃  天候:晴れ

2011年夏に他社中空セラミック含有断熱塗料にて塗装した表面温度と2012年春に塗装したクールサームとを比較すると、温度差は5.5℃(40.3-34.8)でした。

クールサームの塗装後12年経過した屋根温度と他社断熱塗料(塗装後、1年未満)を比べてみても、クールサームは37.3℃、他社製品では40.3℃であり、他社製品より優れた温度低下効果を発揮しています。

塗装後12年経過したクールサーム塗装屋根と、2012年に新しくクールサームを塗装した屋根の表面温度を比べてみると2.5℃(37.3-34.8)しか変わらない結果となりました。

ページTOPへ

スペシャルコンテンツ Special

遮熱・断熱塗料 クールサームが解決 NASA 開発の特殊セラミックを使用 詳しくはこちら

施工事例 Example

  • 施工事例:東日本大震災復興支援 里の杜 仮設住宅
  • 施工事例:コクヨ株式会社 名古屋配送センター
  • 施工事例:パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 津工場
  • 施工事例:S社
  • クールサームだけの特殊セラミック
  • 驚きの省エネ効果
  • 10年以上の耐久性
  • 比べてわかる他工法との違い
  • 総施工面積 600万m²以上
  • 安心をお約束する 責任施工
  • 株式会社大高商会
  • 大高商会公式チャンネルYouTube

お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-06-1155 受付時間 9:00~17:30 (土・日・祝除く) メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ページトップ